歯周病治療

歯周病は歯を失う怖い病気です

歯周病は歯を失う怖い病気です

あたなは歯周病にどんなイメージをお持ちですか? 多くの方が「歯ぐきが腫れる」「歯ぐきから血が出る」などと答えるのではないでしょうか。しかし歯周病は、それだけですむ病気ではありません。歯周病菌が歯を支える顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしていき、悪化すれば歯が抜け落ちてしまうのです。

日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられる歯周病は、早めの治療が肝心です。少しでも異変に気づいたら、江東区亀戸の歯医者「小泉歯科医院」までご相談ください。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患の関係

歯周病は歯を失う原因になるだけなく、さまざまな全身疾患と深く関わっていることがわかっています。歯周病治療は、全身の健康を守るための治療だともいえるのです。

心臓疾患 肺炎
歯周病菌が血管に入り込むと、血栓ができやすくなります。そのために心筋梗塞や心不全などを招きやすくなります。 歯周病菌が誤えん(あやまって飲み込むこと)によって肺に入り込むと、誤えん性肺炎を引き起こすことがあります。
糖尿病 早産・低体重児出産
歯周病と糖尿病は深い関係にあり、互いに発症を招いたり症状を悪化させたりすることがわかっています。 歯周病菌は子宮に陣痛に似た筋肉収縮を起こし、早産や低体重児出産を招くことがあるといわれています。

歯周病セルフチェック

歯周病は初期に自覚症状がないため、なかなか自然に気づきにくい病気です。多くの日本人がかかっている歯周病は、もはや他人ごとではありません。一度セルフチェックしてみませんか?

  • 朝起きたときに口の中がネバつく
  • ブラッシングすると歯ぐきから血が出る
  • 歯と歯の間に食べ物がはさまりやすくなった
  • 歯が長くなったように見える
  • 歯ぐきが赤く腫れている・変色している
  • 歯がしみる
  • 口臭が強くなった
  • 硬いものが咬みにくくなった
  • 歯が浮いている感覚がある
  • 歯がグラグラする

これらの中に当てはまるものがあれば、歯周病にかかっている可能性があります。できるだけ早くご相談ください。

歯周病の進行段階とその症状

歯周病は、初期ではほとんど自覚症状がありませんが、治療をしなければどんどん進行する怖い病気です。最悪の場合は、抜歯せざるを得ないケースもあります。少しでも当てはまる症状がある場合は、お早めに歯科医院へご相談ください。

【歯周病初期】歯肉炎

【歯周病初期】歯肉炎

歯ぐきが赤く炎症を起こして、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットが少し深くなります。ブラッシングや食事中に出血しやすくなりますが、この段階ではまだ痛みはありません。

【軽度歯周病】歯周炎

【軽度歯周病】歯周炎

歯ぐきが下がり、さらに歯周ポケットがさらに深くなります。炎症が顎の骨(歯槽骨)まで達して歯周炎となり、ブラッシングの際に出血するだけでなく、冷たい飲み物がしみたり、口臭があらわれたりします。

【中等度歯周炎】顎の骨の破壊

【中等度歯周炎】顎の骨の破壊

顎の骨(歯槽骨)が半分程度溶けた状態で、指で歯を押すとグラついたり、歯が浮くような感じになります。また、さらに口臭が強くなります。

【重度歯周炎】歯が抜け落ちる

【重度歯周炎】歯が抜け落ちる

顎の骨(歯槽骨)が半分以上溶け、歯がグラグラと揺れます。歯ぐきからは膿が出て、痛みと口臭が強くなります。このまま放置すると、歯ぐきや骨が歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

パーフェクトペリオで歯周病菌を殺菌

当院では、歯周病治療にパーフェクトペリオを採用しています。パーフェクトペリオとは、歯周病菌を溶菌する効果を持つ口腔機能水であり、これを用いることで治りにくい歯周病を改善することができます。パーフェクトペリオは、従来の長期にわたる治療や、歯周外科手術などによる患者さんの負担を大幅に軽減できる、新しい選択肢だといえるでしょう。

パーフェクトペリオの安全性

パーフェクトペリオの主成分は、高純度に活性化された次亜鉛素酸。白血球と同じ殺菌成分で、食品添加物にも認可されているほど安全性が高いものです。人体への影響がほとんどないため、お子さんや妊婦さんにも安心してお使いいただけます。

小泉歯科医院の診療予約はこちらから