入れ歯

自分に合った入れ歯を探しましょう

自分に合った入れ歯を探しましょう

「入れ歯が痛い」「すぐにはずれる」など入れ歯についてご不満がある場合、その入れ歯はお口に合っていないかもしれません。お口の中は少しずつ変化しているため、はじめは合っていた入れ歯も徐々に合わなくなってしまうことがあります。快適に使い続けるには、定期的なチェックや調整が欠かせないのです。

江東区亀戸の歯医者「小泉歯科医院」では、一人ひとりのお口に合った入れ歯づくりをお手伝いしています。もちろん調整や交換にも対応していますので、合わない入れ歯でお悩みの方はお気軽に当院までご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用されるものと自費(全額負担)になるものがあります。それぞれの特性を理解し、自分に合ったものを選びましょう。

種類 【保険入れ歯】
【保険入れ歯】
【自費入れ歯】
【保険入れ歯】
素材 床の素材はレジンのみ 床は金属など、さまざまな素材から選べる
技術 部分入れ歯は金属のバネを使用するタイプ バネのない部分入れ歯など、最新の技術を取り入れることも可能
使用感 ・ 特徴
  • 慣れるまで違和感がある
  • 咬む力は十分に発揮できない
  • 食べ物の温度は伝わりにくい
  • 咬む力が伝わらず、顎の骨が痩せやすい
  • 床が薄く軽いものなど、使用感を追求したものをつくることができる
  • 咬み心地がよい
  • まわりの歯に負担をかけないものなども選択が可能
  • お手入れがしやすい
耐久性 壊れやすいが修理はしやすい 壊れにくいが修理できないものもある
見た目 入れ歯だとわかりやすい 入れ歯だとわかりにくいものがつくれる
費用 保険的のため抑えられる 比較的高額になる

当院の入れ歯について

金属床義歯

金属床義歯

床部分に金属を用いた入れ歯です。床を薄くできるため軽く、違和感が軽減されます。また軽いうえに熱伝導率が高く、食事の温度も伝えやすいのが特徴です。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯

歯ぐき側と入れ歯側に金具を取り付け、それを用いて固定する取り外し可能な入れ歯です。保険の部分入れ歯にあるバネがなく、見た目も自然で、お手入れもしやすいのが特徴です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

保険適用の部分入れ歯にある、金属のバネ(クラスプ)をなくした入れ歯です。歯ぐき部分にやわらかいナイロン樹脂を用いており、目立ちにくいうえに壊れにくく、さらにフィット感がいいのが特徴です。

小泉歯科医院の診療予約はこちらから