インプラント

インプラントで毎日しっかり咬める喜びを

インプラントで毎日しっかり咬める喜びを

歯を失ってしまったときの治療には、従来入れ歯が多く用いられてきました。近年ではそれに加え、インプラント治療が注目を集めています。

インプラント治療は、まるで失った歯が戻ってきたかのような、自然な咬み心地と見た目を取り戻せる治療です。入れ歯の「ずれ」や「痛み」でお悩みの方、快適な咬み心地を取り戻したいという方は、江東区亀戸の歯医者「小泉歯科医院」までご相談ください。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上の人工歯を装着して咬む機能を回復させる治療です。インプラントと顎の骨がきっちりと結合する構造になっているため、咬み心地がとても自然で、硬いものでも問題なく咬むことができます。

また人工歯はセラミックでつくられるため、見た目もとても美しいのが特徴。部分入れ歯のバネやブリッジなどのように、まわりの健康な歯に負担をかけることもないなど、多くのメリットを持つ治療法です。

ただし、顎の骨の厚みが足りない方や全身疾患をお持ちの方など、インプラント治療が受けられない方もいます。くわしくは、お気軽に当院までお問い合わせください。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

インプラント治療は、特別な全身疾患などをお持ちでない方であれば、ご年配の方でも受けられる治療です。しかし、どなたもが希望されてすぐに治療を開始できるわけではありません。たとえば、虫歯歯周病がある場合には、先にそちらの治療を済ませることが必要です。また顎の骨量が不足している場合には、骨造成治療を行い、まず骨量を確保しなくてはなりません。

当院では、治療前にカウンセリングや精密検査をしっかりと行い、現在の状態を把握したうえで、一人ひとりに合った治療を進めていきます。患者さん自身に納得していただけるよう、丁寧にご説明を行っていきますので、わからないことがあれば何でも気兼ねなくおたずねください。

歯科用CTによる正確な診査・診断

OMA(大口式)インプラントとは

インプラント治療の前には、顎の骨量や厚み、また神経や血管の位置などを細かく把握したうえで的確な診査・診断を行うことが必要です。そこで、歯科用CTによる検査が必要になるのです。

歯科用CTでは、従来のレントゲンでは知り得なかった、顎まわりの情報を立体画像にて詳細に把握することができます。その情報を元に手術のシミュレーションを行っておくことで、手術の成功率を大幅に高めることができるのです。当院では歯科用CTを完備し、インプラント治療のスムーズな診査・診断を可能にしていますので、安心して治療をお受けいただけます。

OMA(大口式)インプラントとは

当院では、「OMA(大口式)インプラント」を採用しています。これは、ドリルで顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込んでいた従来のインプラント治療と違い、ドリルを用いない新しい治療法です。

OMA(大口式)インプラントでは、まず骨の表面に小さな穴を開け、専用器具を用いて少しずつ穴を広げていき、最後にインプラントを埋め込みます。安全性が高いうえに患者さんのご負担を軽減できる、画期的なインプラント治療です。

OMA(大口式)インプラントの特徴
  • 術中の出血や痛み、術後の腫れが少ない
  • 手術部位が少なくて済み、術後の治癒が早い
  • ドリルを使用しないため、骨を削る際の不快な音や振動がない
  • 1回の手術が約15分で終えられる
  • 顎の骨が薄い方でもインプラント治療が可能になる  など

~インプラントは入れて終わりではありません~

~インプラントは入れて終わりではありません~

インプラントは一度埋め込むと、お口の中は天然歯と変わらない感覚になるため、中にはお手入れを怠ってしまう方がいらっしゃいます。そうすると歯周病と同じ症状を持つ「インプラント周囲炎」にかかり、インプラントを支える顎の骨や歯ぐきが徐々に溶かされて、最悪の場合抜け落ちてしまうこともあるのです。

インプラントは「入れて終わり」ではありません。入れた後にも定期検診に通い、しっかりとメインテナンスを継続することが大切です。せっかく手術を受けて入れたインプラントを失ってしまわないよう、インプラント周囲炎の予防に励みましょう。

小泉歯科医院の診療予約はこちらから